老後のことを考えた生活を|FJネクストに資産運用の物件を見つける

レディ

賃貸契約の保証

電卓

賃貸住宅を借りる場合、入居時に必要になるものとして連帯保証人がある。連帯保証人は、入居者が賃料を滞納した場合などに、代わりに支払いを行う義務が生じる人のことである。連帯保証人は、その責任の重さからなるべきではないともされており、普通の人ではなってくれないことが多い。その為、賃貸住宅を借りる場合、連帯保証人には親や兄弟など身内になってもらうことが一般的になっている。連帯保証人では、一定の安定した収入があるなど条件があり、これらを満たしていないと受け入れてもらえないこともある。その為、定年退職した親世代などでは連帯保証人に出来ないケースもあり、悩むことがある。これらで活用されているものとして、家賃保証会社がある。

家賃保証会社は、連帯保証人代わりになってくれる会社であり、万一家賃滞納などをした場合には代わりに弁済することを約束してくれる会社である。最近では、賃貸契約を結ぶ場合に、家賃保証会社との契約を条件としているケースも出てきている。貸し手としては、連帯保証人より確実に家賃を保証してもらえる安心感などから家賃保証会社との契約を前提に貸し出しているケースも出てきている。家賃保証会社では、契約時に家賃の半月から1カ月程度分のお金を支払い契約することが通常となっている。連帯保証人を探すことが難しい人などにとっては、お金の支払いで解決することができるため手軽な方法でもある。最近では、これらの活用が増えており一般的になりつつある。